注文住宅をつくる前に

注文住宅の成功談

注文住宅の成功談

注文住宅の成功談 子供の中学校入学や両親との同居などが重なったために、自宅を取り壊して面積の広い注文住宅を建てることにしました。1年以内の完成を目指して、手ごろな施工会社を見つけるために住宅展示場を訪れました、住宅展示場で様々なハウスメーカーの建物を見学したうえで、注文住宅の施工の依頼に最適な会社を見つけることに成功しました。その会社は坪当たりの建築コストが割安なために人気が高まっており、耐震性に優れた住宅を建てることができる点にも魅力を感じました。
独自設計の住まいを新築するときには設計に時間がかかることも多いですが、そのハウスメーカーは短期間でプランを構築してくれました。おかげで初めて住宅展示場を訪れてから3か月以内で着工することができ、その後の建築作業も予定通りに進みました。工事期間は100日程度であり、建物の外観や設備の配置も希望通りだったので満足しています。新居では子供部屋を確保することができたうえに、同じ屋根の下で両親と快適に暮らすことができました。

注文住宅でありがちな失敗を避けるためには

注文住宅でありがちな失敗を避けるためには 憧れの注文住宅を建てて、いざ暮らし始めた時に失敗したという事態になることは思っている以上によくあります。こったつくりにしてしまったためにお掃除がしにくい、収納が足りない、収納が多すぎるなど気になるところが出てくることがあります。最初はよいと思っていたのにデザインやカラーに飽きてしまう、収納の棚やポールの位置が使いづらい、動線に不都合があるなども注文住宅でありがちです。
失敗を避けるためには、注文住宅を多く手掛けている会社で公開しているモデルハウスや建築事例を参考にして、良い面だけでなく悪い面の情報を集めることがおすすめです。デザインや機能性、間取りなどいろいろな面で暮らしてみなければわからない不都合について聞いてみることで、工夫をしながらも使いやすく飽きにくい注文住宅のポイントが分かります。また、プロの意見を参考にするのも大切なので、設計をするときには自分の好みやこだわりを優先するだけではなく、プロがどのように考えるかを聞いてみることもおすすめの方法です。