注文住宅をつくる前に

注文住宅をつくる前に、気にするべきポイントなどをまとめています

注文住宅の坪単価とは、複雑な積算によって計上される分かり難い建築費用を建築資材や設備などに制限をかける事で一坪あたりの建物本体工事費用として分かりやすくしたものですが、接道からのライフラインの引き込み費用や屋外給排水工事費用及びエクステリア工事費用などが別途必要となります。
また、ローンの手数料や上棟式費用なども必要な事から雑多な費用として建物本体工事費用の2割〜3割程度のお金が別途必要となります。

注文住宅で重要な坪単価とは

注文住宅で重要な坪単価とは 注文住宅の坪単価とは、建物本体工事費用を延べ床面積で割ったものであり、住宅建築の基礎知識の無い人にも分かりやすくした販売価格の表示方法です。
注文住宅の見積もりは、本来釘1本から人足費用まで1つずつ詳細に積算していく事から非常に複雑かつ難解となってしまいますが、建物本体工事費用を坪単価で表示する事で小学生でも簡単に計算出来る様になっています。
一般的な坪単価は、基礎工事や建方工事及び造作工事など建物本体工事に必要な費用が含まれていますが、接道からのライフラインの引き込みや屋外給排水工事費用及びエクステリア工事費用などの工事費用が別途必要です。
また、金融機関の住宅融資の手数料や上棟式費用などの雑多な諸費用も含まれておらず、建物本体工事費用の2割〜3割程度のお金が必要となります。

注文住宅の坪単価を比較するときのポイント

注文住宅の坪単価を比較するときのポイント 憧れの注文住宅を建てる場合に気になる費用について、簡単に比較するためによく利用されるのが坪単価です。
坪単価とは注文住宅の一坪当たりの建築費用を割り出したもので、建築会社を選ぶ場合やプランを選ぶ場合に活用される数字です。
比べてみることで安く建てることができるかどうかなどが分かりますが、注文住宅を選ぶときには選び方のポイントがあるので気を付けて比べましょう。
一坪当たりの単価が分かるので、建坪をかけることで家の総額が分かりますが、もともとの単価が安くてもオプションをたくさんつける必要がある場合には高くなってしまうことがあります。
逆に高いと思っていたけれども標準仕様が充実していて、オプションが少なくて済むために結果的に予算を抑えることができるということもあるので、見積もりをしっかりと出してもらって費用の総額で比べることがポイントです。
坪単価と希望する建坪をかけて計算した注文住宅の価格が、すでに予算をこえてしまっている場合には、オプションや外構などを総合的に考えると予算を大きくこえてしまう可能性が高くなるので、自分の予算内で建てることができる会社選びをしたいときに役立ちます。
見積もりを取ってみると一坪当たりの単価から計算した金額と違うことはよくあるので、参考にすることがおすすめです。

千葉の注文住宅情報リンク

千葉 注文住宅